仮想通貨・ネットビジネス・NFT・自己啓発のブログ

ATCクリエイティブ

仮想通貨

始めて3か月で1300万円稼いだ、仮想通貨投資の楽しさと怖さ(危ない・怪しい・危険)

投稿日:

こんにちは!あつみんです
今回は仮想通貨投資を始めようとしている方向けに、その楽しさと怖さを僕の経験を元に伝えていきたいと思います。
メリット・デメリットはどんなものにも存在します。もちろん投資はすべて自己責任です!
仮想通貨は怪しいとか、危険だとか言う前に実際に僕が経験したことを読んで、始めるか辞めておくか考えていただけたらと思います。

これから始める方や、始めたばかりの方には今後どのようなことが待ち受けているかの参考になると思います!

初めて買ったビットコイン

2020年12月ビットコインが200万円を超えたくらいの時に、
コインチェックで500円分のビットコインを購入しました。
買う前は仮想通貨は1つずつの単位で買うものと勘違いをしており、
1BTCが200万円なら単純に200万円かかると思い込んでいました。

まだ始める前の方には小数点の単位で買えることをいまだに知らない人も多くいると思いますが、
ビットコイン含め他の仮想通貨であるアルトコインも小数点以下の単位で買えるものがたくさんあります。

取引所によっては100円からビットコインが買えることもあります。

「コインチェックでビットコインを買う」これが僕の仮想通貨投資の始まりです。

ビットコインのイメージ

お金が増えていく楽しさ

投資はなんのためにやるか?と聞かれたら、それはもちろん「お金を増やすため」だと思います。
1秒ごとに自分のお金が増えたり減ったりするあの妙な感覚は今でも覚えています。

初めに買ったビットコインが次の瞬間には上がったり、下がったりしているので、
それに合わせて保有している通貨に対しての現在の資産がどんどん変わっていきます。

500円で買ったのに、その後すぐに470円くらいに資産が減ってしまった時は、
やはり怖さや虚しさも感じました。
これはスプレッドという言わば手数料のようなものを引かれていることも関係しますが、
具体的な回避方法は別の記事で執筆予定です。

ただ、逆に増えて行く感覚を体験するとなんとも言い難い心境になります。

Twitterstand.fmなどでも何度も話している内容ですが、
仮想通貨投資を始めて約3か月が経った頃、どっぷりハマった僕はすでに500万円の資金を投資していました。

そこらへんにいる月収10万円台サラリーマンである僕にとってこの金額は年収を軽く超える金額ですが、
上がる確信を持っており、結果的には1800万円くらいまで増やすことができました。

利益のイメージ

この時すべての投資金で購入したのがXEM(NEM)です。
ちょうど3月にスナップショットというイベントを控えており、「これは間違いなく上がる!」と謎の自信を持って投資した結果資産を多く増やすことに成功しました。

普通にサラリーマンで1年間精神をすり減らしながら働いても1300万円稼ぐことは非常に難しいと思いますが、
投資ではこんなことが日常茶飯事に起きているのだから不思議ですね。

ちなみにその後、戦略を変えて利確はスナップショットのブロック高確定後にしたので実際に利益確定させたのは200万円から300万円くらいです。
いまはXYM委任ハーベスト(マイニングのようなもの)やThesandboxのLAND(NFTのデジタル不動産)の購入、DeFi運用などでそのお金を再度運用しています。

お金が減っていく怖さ

仮想通貨投資は株式投資と比べても、さらにハイリスク・ハイリターンの投資です。
日本株式、米国株式、米国ETFの投資もしていますが、その中でもやはり危険度は高いと言わざるを得ないと思います。

※先日紹介してすでに崩壊したDeFiであるTITANのファーミングも超ハイリスク・超ハイリターンでした。TITANは単価が70ドルくらいだったものが、12億分の1程度の値段になりツイッター上でも様々な議論が飛び交っていました。

これもTwitterstand.fmなどでも何度も話している内容ですが、
500円のビットコインを買った後に、お金の運用に見事にハマった僕はレバレッジ取引に手を出してみました。

レバレッジ取引とはテコの原理で実際に持っている資金の数倍のお金を運用することができます。

得する時も4倍ですが、損する時も4倍
毎日手数料を取られ価格が下がる(ショートの時は上がる)と追加証拠金(追証(おいしょう))をすぐに入金しなくてはいけません。
仮想通貨紹介サイトでは「初心者は必ず1万円程度の少額から」と記載してあるのにも関わらず、
「自分なら大丈夫」「そんなバカではない」などど考え、
なんとなくこれをやれば一瞬でお金持ちに慣れる気がしていて、一気にお金を詰め込みました。

仮想通貨投資を始めて1か月経たないうちに20万円の投資額でレバレッジを始めました。
その時は地獄に片足を突っ込んだ状態になるとは思ってもいませんでした。

日本の取引所は当時DMMビットコインのレバレッジ4倍が、数あるブログで紹介された中でも高かったと思います。
ちなみにコインチェックはレバレッジ取引は現在ありません。また、DMMビットコインなども現在は2倍レバレッジまでに変更されています。

レバレッジ取引をやることで20万円の4倍の80万円を運用することになりましたが、
なにせ初心者です。1分足チャート(1分ごとの価格変動を表したグラフのようなもの)を見て、
勘を頼りになんとなくロング(価格が上がれば利益)、ショート(価格が下がれば利益)を繰り返しまくった結果

2021年1月4日のビットコインの暴落により、
この20万円はすべて消滅しました。新年早々メンタルへのダメージも大きく、「やらなければよかった」と思うこともありました。

絶望のイメージ

その後懲りずにプラス24万円程度追加してレバレッジ取引をしましたが、その後の相場全体の暴落(保有していたのはライトコインとビットコインキャッシュ)によりこの24万円も完全に消滅し、実現損益44万円の気力が吹っ飛ぶ損を叩き出しました。

ちょうど休日に家族でお昼ご飯を食べに行っていた時にロスカット通知が届きました。

この時の損失を経験し、その後は一切レバレッジ取引はしないと決めています。
今回僕がハマってしまったレバレッジ取引の罠も別の記事でお伝えしようと思います。

何故続けているのか?

「お金が増える楽しさ」「お金が減る怖さ」投資はこの両方とも持ち合わせています。
僕は一生サラリーマンでいることに違和感があり、今の仕事にも非常に違和感を覚えています。

たかだか1度や2度の失敗で「お金を増やすチャンス」をすべて捨ててしまうのは、
せっかくのチャンスを捨ててしまうことになると思い、

結果的には「44万円の損失」から「1300万円の利益」を出すことができました。

2度目の失敗の時に完全にやめてしまったらマイナス44万円で終わってしまいます。
3回目の大金での挑戦はすべて現物取引です。
それ以降は数日で100万円利確したり、100万円損をしたりしながらも投資額を追加することなく
しっかりと資産を増やしています。

何より仮想通貨と密接な関係にある「ブロックチェーン技術」にも興味があり、
NFTや、メタバースを含めたこの最先端の技術を自分でも扱いながら、お金を増やすことができたらと考えて
ビットコインが暴落してようが、仮想通貨投資には関わっていこうと思っています。

暗号資産のイメージ

これから仮想通貨を始めるべきか?

やはり今からでも仮想通貨投資とは一体どんなものなのか?を理解するためにも、
僕と同じ500円からでも始めてみるべきだと思います。

おすすめとしてはレバレッジ取引に手を出さないことです。
日本は規制が厳しいので現在2倍までですが、
海外取引所も使うようになるとレバレッジ100倍とかもあります。
これは失敗するとドラマのような家族崩壊などすべてを失うことになりかねません。

ハマってしまっても必ず余剰資金で、ゼロになっても生活に支障はない額でやってください。

最後に僕の利用している取引所のリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

僕の使っている仮想通貨取引所

【日本国内取引所】

Coincheck(コインチェック)

bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

【海外取引所】

BINANCE(バイナンス) リンクは招待コードで取引手数料10%OFF

gate(ゲート) リンクは招待コードで取引手数料20%OFF

日本に住んでいる場合は日本円を出金するために、日本の取引所の口座を1つは開設しておきましょう。

※当ブログ記事の内容により読者様にいかなる損害が出ても当ブログを運営するものは一切の責任を負いません。

ビジネス リスクのイメージ

-仮想通貨

Copyright© ATCクリエイティブ , 2022 All Rights Reserved.