仮想通貨・ネットビジネス・NFT・自己啓発のブログ

ATCクリエイティブ

仮想通貨

NFT(非代替性トークン)に価値はあるのか?

投稿日:

こんにちは!あつみんです。
今回はNFTの価値について書いていきたいと思います。
僕が購入経験のあるNFTはThesandboxというゲームのデジタル不動産であるLAND(仮想空間上の土地)や、NFTトレカがあります。

購入したもの以外にも話題になり購入を考えていたものも含めて書いていきたいと思います。ぜひ読んでいってくださいね!

NFTとは

NFTとは「ノン・ファンジブル・トークン」といって、非代替性トークンというものです。簡単に言えば「替えのきかない唯一無二の本物」をデジタル上で作ったものです。
デジタル技術の発展によって、高精度の複製ができるようになりましたよね?
それによって様々なデジタルデータがどんどんコピーされてしまい、
「果たして本物はどれなのか?」がわからなくなってしまいました。

有名な絵画などではシリアルナンバーや時間による変化により、本物か偽物かの判断がつきますが、デジタルデータは劣化もしないし本物と区別をつけるのは非常に難しいものです。

そのため、ゲームで1番初めに最強の武器を手に入れたとしても、他の人がどんどん手に入れてしまったり、複製されたりしてしまい、結局どれが1番初めに作られた本物なのかわかりません。シリアルナンバー1のデータを持っているのは誰なのか?

この証明をする革命的な技術がNFTです!

NFTにはどんなものがある?

極端にいうとなんでもあります。
簡単にいうとデジタル化できるものであれば、ほぼ何でもNFT化できるってことです。

例えば、いまNFTであふれているのが「画像」です。これはイラストレーターさんが描いたデジタル絵や写真家の撮った写真、自分で撮影した写真や作った書類なんかもNFTにすることができます。

Twitter創業者の初のツイートもNFT化して販売されていました。

VRアーティストのせきぐちあいみさんのVR空間アートのNFTは日本円換算約1300万円で落札されたことも記憶に新しいです。

もちろん動画でも、PDFでも作ることができます。
仮想通貨界隈では有名な仮想NISHIさんの作ったNFTもユニークなものです。

このNFTは日本のお寿司屋さんが仮想通貨のSUSHIコインでの支払いを可能にして、初のお客様として支払いをした時の領収書を読みこんで画像にしたものです。

もともとは紙の領収書ですが、唯一無二のものにするために紙の領収書は破っています。

どうですか?なんか面白そうに感じたらあなたもNFTに興味を持った証拠ですw

他にも様々なNFTがあるので、紹介していきます!

雑誌「サウナランド」のNFT

死ぬこと以外かすり傷」の著書で有名な箕輪厚介@minowanowaさんが編集をつとめる雑誌「サウナランド」のNFTは雑誌のデータをNFT化するのに合わせて、このデータを使って商用利用をして良いというなんとも規格外のNFTでした!

通常雑誌って原稿が完成したら印刷所で製本してお店に並んで購入するものだと思いますが、このNFTの購入者は商用の権利も付与されるので、自分だけで独り占めするのも良し!電子書籍として価格も自分で決めて販売するも良し!なんだかもうアイデアがぶっ飛びすぎていて購入を検討しました。

結果・・・

なんと日本円にして約276万円!買えませんw

購入者はこの方です!今後どのように使っていくか動向が気になります!

初音ミク楽曲のNFT

楽曲データのNFTもあります。

Nor @NOR0910さんの「ハイイロ・サイコロジック feat.初音ミク」
このNFTは楽曲と合わせて落札者のボーカルをレコーディングしてくれる権利つきです。

僕がオークションを見ている時は途中で、3.939ETHの価格がついてかなり胸熱な状態でした!初音ミクの初のNFTがミクミクなんて!と思っていましたw

その後価格はさらに上がって4.136ETHで日本円にして約100万円での落札となりました。これももちろん買えたら買いたいと思っていましたが、OpenSeaの使いかたもその時はよく知らずに参戦はしませんでした。

https://twitter.com/mch_tamaya/status/1384538668501585927

Thesandboxのデジタル不動産LAND

Thesandboxはボクセルアートのゲームです。簡単に言うとみなさん馴染みが深いと思われるマインクラフトのような感じです。僕もマイクラはYouTubeで150本くらい実況動画を出していたほどハマっていました。

LANDはメタバース上の不動産、つまり仮想空間に存在する土地です。これもかなりマニアックな部類に入ると思いますが、現在公式のプレミアムLANDとコインチェックが販売したLANDの計2箇所を保有しています。

LANDは現実世界にある土地のように、貸し出して運用することや、自分の土地にゲームを作りプレイヤーがそのゲームをするために仮想通貨のSANDを支払う設定ができます。つまり不動産所得のようなものが仮想空間で実現します!

仮想通貨取引所であるコインチェックが2021年4月5日に保有していたLANDを販売したところ8分で完売しました。ちなみにLANDは小さいマスがたくさんあるうちの一つのマスです。図で見ると本当ちっさいですw

https://twitter.com/coincheckjp/status/1380355282111324162

追加販売も第3弾まで実施され、僕は第1回の販売に参加しました。
平日の19時で仕事が終わる少し前に準備をし、いざ参戦しましたが、販売されると同時に売り切れてしまいコインチェック公式から購入することはできませんでした。

確か当時1ETHだったと思います。(日本円30万円前後くらいだったような)
悔しいので、1.45ETHで転売ヤーから購入することになりました。ただし立地は正直微妙だったかも知れません。

LANDの立地はLANDの集まりであるESTATEと呼ばれる土地の隣が良いと言われています。斜めはダメです。上下左右のどれかが例えばバイナンスの大きな土地に面しているとその価値は高まります。

これはプレイヤーが行き来できるのが上下左右のLANDだからです。大手会社の公式のLANDにはプレイヤーが多く集まると予想されます。その隣であればプレイヤーが来てくれる可能性が高いです。

現実世界に例えるとイオンモールなどのすぐ真横に自分の店舗があったら、イオンに来たついでに来店してくれる可能性が高くなると言うことですね!

ちなみに公式さんが販売しているLANDでプレミアムLANDというものがあります。

プレミアムLANDにはアセットと呼ばれるNFTがついており、限定のNFTです。僕はこのプレミアムLANDセールに参加して、ヘルメットとコウモリの車とロケットのアセットを一緒にゲットしました。現在これにも数万円の価値がついていたりします。黄色いところのマス目がLANDです。これ一つで数十万とかします・・・

アセットには耐久値みたいなのもあるので、自分で作るゲームで利用したりできるのかな?と思っていますが、まだまだ学習中です!

このアセットは自分で作成してNFTとして販売することもできます。50個限定のかっこいいドラゴンとか、ブロックアートが得意な人はぜひ作って販売してみても良いと思います。販売価格も数百円程度が多くあるので、感覚としてLINEスタンプのような気軽さで購入する感じだと思います。

自分のLANDを作り込んでいくとこんな感じのものも作れたりします。

https://twitter.com/AT0xeRpWwHsSdlS/status/1406428806349422592

いやすごいですよね!正直NFTの中でも使い方万歳で、ただ見るだけでもなく自分でもゲームやらオブジェクトやら作ってしかも販売もできるなんて楽しすぎます!

SKE48のNFTトレカ

コインチェックNFTベータ版で購入可能なSKE48のNFTトレカ、以前にも3回くらいおでかけNFTトレカというもので、1パック1000円で5枚入りで売られていました。

これ一部のブロックチェーンゲームでモンスターキャラとして使うこともできたりして、クリプトスペルズではモンスター同士を戦わせるカードゲームなのにアイドルが出てくる世界観ですw

もちろん無敵ではないので倒されたら墓地に送られます・・・

僕が購入したNFTトレカは20種類を5枚ずつのもので、1枚なんと当時の価格で0.1ETH(約27,000円)での販売となりました。

カードは画像が少し荒めですが、すべて確認できるようになっていました。stand.fmやhimalayaの音声配信でも話しましたが、お金が足りず急いで入金をして購入し、その後1日も経たずに購入より安値で売ってしまいました。

https://twitter.com/coincheckjp/status/1405042991811633156

結局価値はあるのか?

いろいろと紹介しましたが、正直判断は難しいと思います。コレクションとしてならすべて「価値はある」と言えますが、価格は少し割高な感じがします。

細かくは紹介していませんが、セクシー女優の波多野結衣さんのNFTや元セクシー女優の上原亜衣さんのNFTも高値で取引されているようです。

基本的に見ること以外できないNFTの場合は、転売で儲けようと考えている人が購入していると考えられます。ものによっては確かに高く売れますが、デジタルデータをコレクションするというのはやはり物体として実物を持つよりも所有欲は満たされない気がします。

いまはまだ高く買ってくれる人がいるので、転売目的で購入して利益を得ることも可能だと思いますが、これは長く続かないと思っているので、おすすめは「本当に欲しいもの」だけを本当のファンとして購入することです。

それ以外の転売目的はいずれ価値が無くなっていくと考えているため僕はおすすめしません。

どんなNFTに価値があるのか

ここまで読んでくれた方なら紹介文の熱の入り方でなんとなく察してもらえそうですが、ThesandboxのLANDとアセットの作成・販売はNFTの中でも将来性があると思います。もちろん確信はありませんが、スクエニも参戦しています。まだ土地の場所は発表されていませんが、何か仕掛けてくることは間違いないでしょう。

つまり、NFTとしてできることが眺めるだけか転売だけのものよりも、それに付加されている価値がどんなものなのかが判断基準になると思います。

サウナランドの商標利用の権利や初音ミクのボーカルレコーディングの権利など、運営者によって様々な付加価値をつけられるNFT、これからどんなものが出てくるのかワクワクしませんか?

これからのNFTを楽しみにしつつ、LAND運営も楽しんでいきたいと思います。

この記事がよかったらぜひSNSでの拡散をしていただけると執筆の励みになります!

-仮想通貨
-, , , , , , , ,

Copyright© ATCクリエイティブ , 2022 All Rights Reserved.